一目でわかる Quadient のコミットメント

顧客満足

顧客満足

郵送業務およびドキュメントシステムの顧客満足率は97.5%。

ISO 9001 認証

ISO 9001 認証

世界中のすべての研究開発、製造、ロジスティクス拠点で取得。

責任ある調達

責任ある調達

2018年に評価されたサプライヤーの87.6%がサプライヤー行動規範の要件を遵守。 

データ保護

データ保護

データ保護責任者の監督下で GDPR ポリシーを施行。

倫理的な行動

倫理的な行動

世界中のすべての Quadient 拠点で倫理規定を施行。

お客様第一主義 画像

お客様第一主義

2018年に実施された最新のグローバル調査によると、Quadient の顧客の97.5%が郵送業務とドキュメントシステムに満足していると答えています。96%の顧客は全体的に満足しています。 

顧客に満足していただくには、何よりもその懸念に熱心に耳を傾け、ニーズに合わせて可能な限りの支援を提供することが欠かせません。信頼されるパートナーとして、高品質のサービスを提供し、適切なソリューションを実装していただく上で可能な限り最高のサポートをお届けすることを当社は望んでいます。これを念頭に置いて、Quadient は毎年実施する2種類のアンケートに基づいたカスタマーリスニングという効果的な方法を導入し、製品品質とサービスレベルを定期的に評価します。アンケート結果として寄せられた顧客の満足と不満の理由を分析し、さまざまな市場のニーズに合わせて精緻にターゲットを設定した改善プログラムを実施しています。

それと同時に、顧客の声に耳を傾けることは当社のデジタル変革にとっても重要です。このため、関連ソリューションやサービスへの顧客のフィードバックを迅速に得るための具体的なアンケートも実施しています。 

基本的人権の尊重 画像

基本的人権の尊重

Quadient は、国連の世界人権宣言に定められた基本原則と国際労働機関(ILO)の労働基準を遵守して事業を運営しており、以下の慣行を強く非難しています。

  • 現代の奴隷労働と人身売買
  • あらゆる形態の違法または強制労働、特に児童労働
  • 雇用と職業に関する差別
  • 結社の自由と集団行動の権利の制限

定期的な業務評価、リスク管理、社内監査とサプライヤー評価を含む手続と社内管理システムを通じ、倫理規定を遵守した業務運営を行っています。

経営倫理 画像

経営倫理

透明性と忠実さは当社の倫理基準の一部であり、行動規範の土台となっています。また、パートナー、サプライヤー、顧客や競合他社との誠実な取引関係は当社にとって継続的な懸念事項であり、特別な注意を払っています。これに関連して、Quadient は、利益相反、贈収賄、強要、詐欺、権力濫用、横領、マネーロンダリングを含め、事業取引におけるあらゆる形態の腐敗を排除しています。

管理職に毎年特定の開示フォームへの署名を要求するなどの内部統制に加え、Quadient の 利益相反に特化した内部方針を規定する文書が作成されています。さらに、社内では不正防止スキームが導入されています。

責任ある調達 画像

責任ある調達

Quadient は、サプライヤーとの間で相互に有益なパートナーシップを築き、倫理的で持続可能な責任あるビジネスを行うことを目指しています。当社の価値を共有し、当社と同等の倫理規定を適用するパートナーのみと協業することに努めています。それ故に、すべてのサプライヤーに対して、適用法規制、国際労働機関の協定、現在の購買方針を遵守するよう求めています。

サプライヤーの選定は、慎重かつ公平で平等に行われます。所定の購買戦略に従って選定されるか、品質、価格、サービス、信頼性、技術力、安全、環境、倫理観に関する当社の要件を満たす能力に基づき入札が募集されます。また、当社は販売、技術やノウハウに関して、サプライヤーとの間で相互依存的な状況が生じないよう努めています。

2016年に Quadient は購買方針を改定し、サプライヤー行動規範に定める企業の社会的責任に関する要件の記述を拡充しました。さらに、2017年から製造サプライヤー評価キャンペーンを実施しています。

情報セキュリティとデータ保護 画像

情報セキュリティとデータ保護

現在、当社のポートフォリオには、従来の郵便物を処理するスマートマシン以外にも、デジタルコミュニケーション管理や小包処理の促進に特化したソリューションやソフトウェアが含まれています。そのため、Quadient では毎日大量の機密情報を取り扱っており、郵便取引、顧客または当社のデータの保護を取り扱う際に、それらの機密情報を保護することに非常に強い関心を持っております。

事業運営におけるセキュリティ障害が及ぼす影響を念頭に、Quadient では、自社のデータやステークホルダーから委託されたデータを適切かつ安全に使用するための要件を定める情報セキュリティポリシーを導入しました。 Quadient は現在、デジタルソリューション開発業務に特化した、ISO 27001 規格に基づく認定プログラムを実施しています。さらに、データ保護に関する新しい欧州の規制である一般データ保護規則(GDPR、欧州連合規則2016/679)を統合するための専任プロジェクトチームを立ち上げ、当社の一般個人データ保護ポリシーを更新しました。

環境への影響を最小限に

環境への影響を最小限に

環境への影響を最小限に

Quadient は環境に優しい活動に継続的に取り組んでいます。地球の二酸化炭素排出量を削減し、地球とそこに暮らす人々を尊重することを目指しています。

詳細を見る
従業員に対するコミットメント

従業員に対するコミットメント

従業員に対するコミットメント

Quadient の事業成長には、人材の開発と保持、モチベーションとエンゲージメントの維持が欠かせません。

詳細を見る
CSR 活動表彰

CSR 活動表彰

CSR 活動表彰

Quadient は環境、社会、ガバナンスの基準における高いパフォーマンスと透明性で高い評価を得ています。

詳細を見る
経験

経験

世界クラスのリーダーシップの豊かな歴史

専門家による支援

専門家による支援

Gartner, ForresterとAspire

専門知識

専門知識

年間80億のパーソナライズされた体験

実証済みの結果

実証済みの結果

97%の顧客満足度