公益企業における「決定的な瞬間」

ブランドを差別化し、顧客を魅了する重要な機会

カスタマーエクスペリエンス

Image removed.

「真実の瞬間」とは、カスタマージャーニーの途中でその成否を分ける段階を指します。これをうまく実践すれば、その顧客はジャーニーを続け、ブランドの製品やサービスを購入するでしょう。反対に失敗すれば、恐らくブランドとの取引を取りやめることとなるでしょう。こうした「真実の瞬間」のひとつひとつが、ブランドを差別化できる機会となります。

この電子ブックでは、公益事業業界における顧客のライフサイクル全体にわたる重要な顧客とのタッチポイントを把握し、急速に変化する分野で公益事業会社が顧客にエンゲージするための方法を説明しています。

以下の内容をご紹介しています。

  • 公益事業業界における「真実の瞬間」の詳細な理解
  • ライフサイクル全体を通してカスタマーエクスペリエンスを向上させるための革新的なアイデア
  • 今日の公益事業の顧客にとっての時間、価値、利便性の重要性
  • 企業が顧客を感動させる必要性を感じている一方で、顧客が求めているのは電気の供給に過ぎない理由
  • 今後のデジタルディスラプションへのアプローチ

 

業界別のテーマを詳細に描き出すこの電子ブックを無料でダウンロードするには、所定のフォームにご入力ください。

経験

経験

世界クラスのリーダーシップの豊かな歴史

専門家による支援

専門家による支援

Gartner, ForresterとAspire

専門知識

専門知識

年間80億のパーソナライズされた体験

実証済みの結果

実証済みの結果

97%の顧客満足度