カスタマーエクスペリエンスの現状

2022年以降におけるCCM およびCXMのトレンドと予測

State of Customer Experience

私たちが前回コミュニケーションのトレンドと予測を発表したのは2019年のことでした。それからわずか2年後、私たちは今、コミュニケーション管理 (CCM) が包括的なカスタマーエクスペリエンス管理 (CXM) へと急速に進化したことにより、コミュニケーション分野の変革が進む真っただ中にいます。

2019年、私たちは5年後に顧客の要求がどうなるかと問いかけました。それ以来、パワーバランスは企業から顧客の側へと決定的に傾いていくのを目の当たりにすることになりました。パンデミックは、加速する顧客の期待とデジタルトランスフォーメーションに拍車をかけ、それらを2年、5年、または10年分早めただけでなく、顧客の期待に応え、上回らなければならないという強烈な切迫感を生み出しました。競争の舞台が移り変わり、ブランドはカスタマーエクスペリエンスが最も重要な成功要因であることに気付いています。一方で、多くの企業の間で実現能力の格差が広がっています。

そこで、業界のアナリスト、Quadientのエキスパート、そして顧客に、CXの現状について話を聞いています。この電子書籍では、2022年以降、ビジネスに大きな影響を与えるであろうトレンド、予測、ソリューションに関する示唆に富んだ見解をまとめています。

主な内容:

  • 専門家によるCXM及びCCMのトレンド予測
  • CXの差別化を推進するテクノロジー
  • 今日のCX標準を超えるために企業が行うべき投資
  • 新しいCX時代に成功するために必要なカルチャーチェンジ

ぜひこのインタラクティブ電子ブックをダウンロードいただき、カスタマーエクスペリエンスの現状をお確かめください。

経験

経験

世界クラスのリーダーシップの豊かな歴史

専門家による支援

専門家による支援

Gartner, ForresterとAspire

専門知識

専門知識

年間80億のパーソナライズされた体験

実証済みの結果

実証済みの結果

97%の顧客満足度